おしゃれで多機能!旅行、出張用のリュックがコスパ上々だったのでレビューします

2020-03-09

出張・旅行に最適なリュック

私の会社は宿泊の出張がとても多いのですが、持参するバッグが非常に使いにくく、いつ買い替えように悩んでいるうちに20年が経ってしまいました。

そして今年、20年付き合ったバッグが壊れ、ようやく買い替えたのですが、このバッグが値段以上に高機能で、大容量の割に持ち運びも非常に楽で、コスパが想像以上によかったので、レビューします!


この記事を読むとこんなことが分かります
・旅行、出張用途のビジネスバッグに必要な機能
・Tonsun 3WAYビジネスリュックの徹底レビュー
・その他コスパのよいバッグ紹介





1.旅行、出張用途のビジネスバッグに必要な機能とは

私が出張時、バッグに必要と考える機能は以下の通りです。

a.リュックタイプ

私の長い出張経験から、駅から目的地までは背負うに越したことはないということ。

例えば、キャリーケースは、平坦な通路では便利なのですが、階段や人混みでは引きずって運べないため、結局手提げとして手で持つことになり、手にかなりの負担がかかります。

私も一時期、キャリーケースを出張時に使っていましたが、都市部への出張時、あまりにキャリーが使えないことに落胆し、使用を断念しました。

出張・旅行に最適なリュック

また、ショルダータイプの場合、数日間の出張の荷物を肩で支えると、肩が痛くなり何度も何度も左右入れ替えながら運ばなければなりません。

結局、最後に行きつくのは、リュックタイプなのです。

b.防水・撥水

雨天時のリュックは、傘を差してもリュックがはみ出ていれば濡れてしまいます。

出張・旅行に最適なリュック

ましてや数日分の出張ともなるとリュックの幅も大きくなることと、出張時は折り畳みの傘を使用することが多いため、傘に入りきらず濡れてしまいます。

ゆえに、防水、もしくは撥水加工は必須です。

c.バッグの容量を変化させられる

出張や旅行は日帰りの場合もあれば、1週間滞在もあります。

バッグの容量が固定ですと、変にダブついたりギュウギュウになったりとスマートではありません。

最近のバッグは、幅を拡張し容量を変化出来るものが多いので、これは必須の機能ですね。

出張・旅行に最適なリュック

d.乾湿分離

意外に見落としがちなのがこの乾湿分離ポケットがあるかどうかです。。

乾湿分離ポケットは、濡れたものをそのまま入れることができるように、ビニール系の素材でできており、バッグ内の衣類や電気製品への水分の回り込みを遮断します。

出張・旅行に最適なリュック

例えば、歯ブラシやコンタクトケースなど、水滴がつくようなものを衣類と一緒に入れる場合、これまではビニールの袋に入れて衣類と一緒に収納といった一手間が必要でしたが、乾湿分離ポケットがあればそんな必要はありません。

歯ブラシもそのまま入れることが出来ます。

e.180°開口

宿泊先のホテルで明日着る服を探す時、バッグに手を突っ込んでガサガサ・・・・カバンの中がグチャグチャになってしまった。

よくある話ですが、こんなことがないように、ガバっと180°開くことが出来れば探したい服も一目瞭然で、かき回しも発生しません。

これは必須の機能ですね。

出張・旅行に最適なリュック

2.Tonsun 3WAYビジネスリュックの徹底レビュー

このTonsun 3WAYビジネスリュックを選んだ理由は、単純に口コミの評価です。

最近は高評価の口コミが当てにならないので、低評価の口コミを参考にしていますが、この商品は低評価の口コミが非常に少なかったことから、購入に踏み切りました。

実際使った感想は、とても満足といったところです。コスパは非常に高いと思います。

ただし、デメリットも何点かありますので、以下のレビューで、このデメリットを許容出来るのであれば購入する価値は十分あると思います。

では早速レビューします。

a.デザイン

デザインは、スタイリッシュな長方形です。おしゃれですね。

出張・旅行に最適なリュック

ジャケットに合わせて背負ったスタイルです。

通勤・通学向けとしては、少し大き目ですが、出張・旅行用途として考えると妥当なサイズ感ですね。

出張・旅行に最適なリュック

このバッグは、「リュック」「横手提げ」「縦手提げ」の3WAY仕様となっています。

嬉しいのが、「横手提げ」がついていること。「縦手提げ」だけだと地面についてしまう可能性があるので、これは嬉しい機能です。

出張・旅行に最適なリュック

b.容量

このリュックはマチを拡張することで容量を変えることができます。

拡張前は22L、拡張後は37Lです。数値ではよく分からないと思いますので実際、服を詰め込んでみました。

実際に3泊4日の出張に行った時の荷物がこれです。冬場の出張なので、セーターもあり、かなりの量です。

出張・旅行に最適なリュック

しかし、スッポリと収まりました。余裕があると言うわけではありませんが、容量の90%位に収まっています。

夏場の服だと、4泊5日の出張くらいは行けそうです。

出張・旅行に最適なリュック

この状態で背負うと、こんな感じです。

3泊4日の荷物が背負えるなんて、これまでショルダーで苦労していただけにちょっと感動です!

出張・旅行に最適なリュック

また、15.6インチのPCもスッポリと入ります。

出張・旅行に最適なリュック

また、タブレットなどディスプレイを傷つけないようにフェルト生地で覆われたポケットもあり、モバイルユーザーにはうれしい機能です。

出張・旅行に最適なリュック

c.肩への荷重を分散するS字型の肩ヒモ

3泊4日の荷物をこのリュックに入れて背負うと、予想以上に荷重を感じません。

それは、このS字型の肩ヒモとチェストベルトが荷重を分散させているからなのです。

また、荷重が肩にかからない分、肩からヒモがズレることもありません。とにかく背負うのが楽です。

出張・旅行に最適なリュック

チェストベルトがついているので、リュックがずり下がることもありません

出張・旅行に最適なリュック

実際、1kmほどこの荷物を背負って歩いてみましたが、全く肩が痛くならずに背負うことができました

d.ファスナーの耐久性

よく、5,000円前後の価格帯のリュックに見られるカスタマーレビューの悪い評価の一つとして、ファスナーがすぐに壊れると言うものがあります。

まだ、このTonsunのリュックを十分使い込んではいませんが、触った感じでは、そんなすぐに壊れそうな感じはしません

また、開け閉めの際、よくファスナーが引っ掛かる商品がありますが、このリュックに関してはそんなこともありません

ある程度、使い込んでからまたレビューしますが、今のところ優秀なファスナーだと思います。

出張・旅行に最適なリュック

e.防水

雨の日に、大容量のリュックを背負う際、必須なのが防水機能。傘に入りきらない可能性がありますからね。

このTonsunのリュックは、耐水性、耐引掻性、耐引裂性の特殊ナイロン生地と耐摩耗性のマイクロファイバー合成皮革で作られており、雨がカバンの中まで入り込むことは無いとのこと。

まだ実際に、雨の日に背負ったことが無いため、レビューできませんが、少なくとも表面生地の触り心地は、防水生地そのものです。

これなら水に濡れても大丈夫でしょう。

出張・旅行に最適なリュック

f.USBコネクタ内蔵

最近のリュックは、USBコネクタが付いているものがあるんですね。驚きました。

このリュックもサイドにUSBコネクタが付いており、リュックの中にモバイルバッテリーを入れて接続しておけば、ファスナーを開けることなく、スマホへ充電することが可能なんです。

出張・旅行に最適なリュック

リュックの中には、USBケーブルがぶら下がっているので、これにモバイルバッテリーを接続します。カバンにコネクタが付いているなんて、ひと昔前では想像もしなかった事ですね。

出張・旅行に最適なリュック

g.緊急ホイッスル

正直、最初これ要る?と思いましたが、昨今の自然災害を考えると実は必須の機能かもしれないということに気づきました。

もちろん普段は使わないのですが、もし地震や洪水でホテルや家に閉じ込められた場合、この緊急ホイッスルで命が助かるかもしれない

中々、普段からホイッスルをもっている方は少ないと思うので、リュックについていれば安心ですね。

丁度、チェストのバックルのところについています。笛っぽくなくてリュックのデザインも損なっていません

出張・旅行に最適なリュック

3.Tonsun 3WAYビジネスリュックのデメリット

以下のデメリットが許容出来れば、非常にコスパよく ”買い” だと思います。

a.幅拡張時の横持ちが不安定

横幅を拡張し、横手提げ形態で持つ場合、手持ちのヒモが1つしかないので、バッグが傾きます

出張・旅行に最適なリュック

縦持の場合は、ヒモが両サイドに2つあるので傾くことはありません

出張・旅行に最適なリュック

b.手提げ時のリュックのヒモが邪魔

リュックのヒモを格納するスペースがないので、手提げ時にヒモがブラブラして邪魔です。

出張・旅行に最適なリュック

ただ、リュックの背中側に隠しポケットがあり、その中にリュックのヒモの先端をしまうことでブラブラがなくなるので、気にならなくなります

出張・旅行に最適なリュック

 

私的には★★★★☆の、このリュック。価格も6,000円前後と非常にコスパがよいです!

2020/3/9追記
使い始めてから3カ月が経過しました。ほぼ毎週出張に、このリュックを持って行きましたが、耐久性は問題ありません。使い勝手もとてもよく、これは、当たりだと思います。

3.その他の旅行、出張用途リュック

このリュックを選定する上で、他に候補に挙がったコスパのよいリュックを紹介します。

選定基準は、口コミの低評価の少なさとその内容です。

これをクリアしたのは、上で紹介した商品以外に一件だけでした。最後の最後まで迷った一品です。参考にしてください。

 

こちらのリュックの機能や容量は、上で紹介したTonsun 3WAYビジネスリュックとほとんど同じです。

しかしながら、Tonsunのデメリットであった幅拡張時の横手提げ不安定さが、両サイドに手提げがあることにより解消されていますね。

価格はTonsun 3WAYビジネスリュックとほぼ同じで6,000円前後です。

 

4.まとめ

このリュックを出張に持っていくことで、大幅に移動時の負担が軽減されました。ちょっと、移動が楽しみになるくらいです。

高価格帯のリュックが品質がよいのは当たり前ですが、低価格帯で品質のよい商品を見つけた時はうれしく、みんなに紹介したくなるものです。

今回紹介したリュックは、まさにそういった商品になると思いますので、是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク