コスパ抜群!アイリスオーヤマのLEDシーリングライトの使用感をレビュー

2019-08-11

今や「ワークマン」と並んで世の中を騒がす大人気のメーカー、「アイリスオーヤマ」。かつてLED照明の価格破壊を行って、今の価格に安定させてくれたことは我々消費者に、すこぶる貢献いただきました。そんな「アイリスオーヤマ」のLEDシーリングライト超コスパ品だったため、ここにレビューします。


この記事を読むとこんなことが分かります
・「アイリスオーヤマ」のLEDシーリングライトの使用感レビュー
・ 調光・調色でこの価格!
・「アイリスオーヤマ」のLEDシーリングライトの評判は?
・ 蛍光灯からLEDシーリングライトへの交換手順





1.製品について

「アイリスオーヤマ」のLEDシーリングライトの中でも最もデザインがシンプルな「CLxxDL-5.0※」を購入しましたので、使用感などレビューします。※xxは、適用畳数です

1)アイリスオーヤマの「CLxxDL-5.0」シリーズ価格帯

まず、シンプルなだけに価格がとても安いです。さすが、かつてLED照明の価格破壊をおこしたメーカーだけあります。有名家電メーカーのシーリングライトと比較すると3,000円~4,000円程度安いですね。この価格ですと、蛍光灯を2,3回交換したらLEDシーリングライトが買えてしまいます。まだ蛍光灯の方は是非次の機会にLEDに交換しましょう。

・12畳用 実売価格 5,500円程度 (有名メーカー参考価格  10,000円程度)
・ 8畳用 実売価格 5,200円程度 (有名メーカー参考価格    8,000円程度)
・ 6畳用 実売価格 4,500円程度 (有名メーカー参考価格    7,000円程度)
  ※2019/6/3現在の価格帯

2)「CLxxDL-5.0」シリーズの機能

「CLxxDL-5.0」シリーズは、この価格で、調光・調色がついているんです。しかも調光10段階、調色11段階と必要以上に調整できます。


引用元 Amazon

実際、我が家で調色機能を試してみました。こんなに雰囲気が変わるんですね。細かい文字などハッキリ見たい時は昼光色、落ち着きたい時は電球色にするとよいです。

昼光色MAXに調整した場合

電球色MAXに調整した場合

ただ、正直なところ、面倒なので我が家では一度設定したら調整はしないと思います。

もちろん、リモコンつきです。シンプルで操作に迷うことはありません。

明るさは基準である標準光束※を確保しているので、「あー暗かった!」と言うこともありません。我が家では、逆に明るすぎて少し明るさを落としているくらいです。切タイマーもついており、機能面で不足を感じることは無いでしょう。しかもメーカー5年保証です!
※標準光束 「もっと早く交換すればよかった!コスパ上々のLEDシーリングライトを比較」で解説

以下に機能をまとめます。
「CLxxDL-5.0」の機能

アイリスオーヤマ「CLxxDL-5.0」の機能
備考
対応畳数 CL6DL-5.0   : ~ 6畳
CL8DL-5.0   : ~ 8畳
CL12DL-5.0 : ~12畳
調光 10段階
調色 11段階
明るさ
(ルーメン)
 6畳 :3,300 (3,200)
8畳 :4,000 (3,800)
12畳 :5,200 (5,000)
( )内は標準光束
タイマー 切タイマー 入タイマーはなし
寿命 40,000時間(10年)
保証 5年

3)メリット・デメリット

機能面・価格面で文句なしの「CLxxDL-5.0」シリーズですが、デメリットはもちろんあります。デザインはとてもシンプルで飾り気が全くないので、デザインを気にする方は別のシリーズにした方がよいです。
また、取り付け方に癖があるので、少々取り付けづらいです。後ろで解説します。カバーの質感というか、触った感触が安っぽいのですが、取り付けてしまえば分からないのでデメリットにはなりませんね。
私の感じたメリット・デメリットをまとめます。

メリット デメリット
とにかく価格が安い
・十分すぎる機能
デザインが素っ気ない
・取り付けづらい
・質感が安っぽい

4)使用感レビュー

特に「おー、すごい使いやすい!」ということはありませんが、普通のシーリングライトとしては十分満足しています。それ以上、照明に求めるものもありませんので、これで十分です。以下、我が家のリビングに取り付けた様子です。左側の照明が今回レビューしている「CL12DL-5.0」(12畳用)です。コンパクトタイプですので、右側のライトより一回りサイズが小さいですが、光量は十分であることがわかります。

また調光・調色機能はありますが、最初に明るさと色を決めてメモリすることで、ほとんど調整することはないでしょう。我が家では最初に決めてから一切調整していません。リモコンも使用せず壁スイッチで操作していますし、切タイマーも使いません。つまり殆んどの機能は使用していないことになります。ただし調光・調色機能は部屋の使用目的によって調整できると便利ですので、あるに越したことはないですね。

5)こんな人におすすめ

シンプルなデザインのLEDシーリングライト「CLxxDL-5.0」シリーズはこんな人におすすめです。
子供部屋
デザインを気にしない方
クローゼット

6)口コミ

Amazonの口コミをまとめました。やはり「残念な口コミ」は圧倒的に取り付けにくさに関する事ですね。

良い口コミ 残念な口コミ
・コスパ抜群
・とても軽い
・薄いので天井が高くなった
・取り付け面に3つのウレタンがあり取り付けにくい

7)取り付け方

残念な口コミのあるとおり、取り付けが少々面倒なのです。何故面倒なのかを取り付け方と一緒に詳しく説明します。取り付けは最初の一回きりです。15分もあれば完了します。

➀ 交換する照明の取り外し

まず、古い照明のカバーを外すと中心に配線器具がありますので、コネクタを回して外します。配線器具は色々なタイプがあります。この場合は「角型引掛シーリング」です。丸形や埋め込み型などありますが、基本は回すと外れますので問題になることは無いでしょう。

以下の、配線器具であれば簡単に取り外し/取り付けが出来ます。

引用元 Amazon https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/619737BmoOL._SL1000_.jpg

旧照明が蛍光灯であれば、配線器具の周りに補強金具があると思います。これは蛍光灯の照明がとても重く、配線器具だけでは支えきれないため天井の力を借りているためです。LEDシーリングライトは、蛍光灯に比べ非常に軽く、補強金具は必要ないので外します。

補強金具を外しました。配線器具のみ残せばOKです。

② LEDシーリングライトの取り付け

LEDシーリングライトの天井側の取り付け面にコネクタがありますので、これを天井のコネクタに差し込みグルっと回して完了です。

実際取り付ける時は、カバーがあると取り付けが難しくなるので、カバーを外します。
これが、カバーを外して取り付けた様子です。アイリスオーヤマのLEDシーリングライトの口コミで最も悪評が多いのがこの取り付け工程です。取り付ける際は、下から覗き込むような感じでコネクタを合わせることになるのですが、コネクタの電極の刺さり具合が下から見えないため、コネクタ同士を合わせにくいのです。さらに下から照明を支えたまま、無理な体勢で作業しているので、コネクタが合わないとイライラします。ただ、この苦労は、この1回だけなので我慢しましょう。

③ 仕上げ

カバーをつけて取り付け完了です。全行程で20分もあれば完了してしまいます。

2.他のモデル

「CLxxDL-5.0」のデザインが気に入らない方は、デザイン性を持たせたモデルもあります。以下にまとめましたので参考にしてくだい。
この表をまとめていて気がついたのですが、年間の電気代を考慮すると「CL12DL-5.0」とデザインが少し良い「CL12DL-FEIII」は価格が逆転しますね。製品価格だけで判断しない方が良いかもしれません。

型番
(12畳の型番)
CL12DL-5.0 CL12DL-FEIII CL12DL-FRM CL12DL-5.1WFU
デザイン
対応畳数 6,8,12 6,8,12,14 6,8,12 8,12,14
明るさ(lm) (12畳用) 5,200 5,000 5,499 5,200
定格消費電力 52W 33.3W 39.2W 42W
年間の電気代 ※1 4,912円 3,149円 3,707円 3,972円
機能 調光
調色
リモコン
タイマー
メモリ
口コミ ※2 4.0点 3.7点 4.2点 3.6点
売れ筋ランキング ※3 6位 47位 260位 58位
Amazon'sChoice ※2
価格帯 ※2 5,500円前後 6,800円前後 10,000円前後 8,000円前後

※1 : 1年間の電気代 (10時間/日使用、1kWhあたりの電力量料金 25.91円とした場合)
※2 : 2019/06/04時点 の情報
※3 : Amazon シーリングライト部門での順位(12畳用2019/06/04時点)

Amazon LEDシーリングライト売れ筋ランキング

3.まとめ

LEDシーリングライトの売れ筋ランキングを見てみると、上位は軒並みシンプルで低価格のものが多いです。私もそうですが、シーリングライトは必要な光量さえあれば特に求めるものは何もないという方が多いことが分かります。上記では12畳用の参考価格を記載しましたが、6畳用ですと3,000円台で購入できてしまいます。シンプルで特別な機能は必要ないというかた、アイリスオーヤマの「CLxxDL-5.0」はコスパ抜群なので上記デメリットを考慮に入れ検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク