鳥メロはビールだけでなく料理もコスパ最高だった

2019-07-04

中ジョッキ199円で有名になったサラリーマンの味方、三代目 鳥メロ。ビールに注目されがちですが、実は料理もコスパ最高って知ってました?そんな鳥メロの美味しい料理を紹介します!


この記事を読むとこんなことが分かります

・鳥メロの美味しい料理はこれ!
・2019/5/16にメニュー激変。何が変わる?





1.鳥メロの美味しい料理

鳥メロは、あのワタミグループの焼き鳥チェーン店です。さすが大きな企業だけあって、市場調査お客様の求める味を研究しています。基本的に何を食べても美味しいですが、私の超お気に入りのメニューを紹介します!

1)ビール

一応、鳥メロと言えばビールということで紹介しておきます。ご存知1杯199円の中ジョッキ(写真右)です。スーパードライですがキンキンに冷えて最初の一杯は、いつもクーっと唸っています。実はいつも写真199円のビールは頼まずに写真左の「555ジョッキビール」333円を頼みます。2019/5/16前までは、200円代後半でしたが、2019/5/16のメニュー変更時に、値上げしたようです。中ジョッキの199円の値段は変わってません。ビール199円の鳥メロで有名になった分、看板メニューの中ジョッキは簡単には値上げできないのでしょう。
ちなみに、鳥メロは公式には、飲み放題単品を実施していません。しかし店によって実施しているところもあるので、諦めずにお店に確認しましょう!

2)串揚げ

鳥メロと言えば、焼き鳥メインですが、実は串揚げがとても美味しいんです。菜種油で揚げており、油っぽさが全く無く、何本でも行けちゃうやつです。私は焼き鳥の前に、この串揚げを必ず頼みます。
写真左がエリンギの串揚げ、写真右が玉ねぎの串揚げです。

エリンギは、あの歯ごたえのある食感を残しつつ、しっかりとエリンギ本来の味を生かしとってもあっさりと揚がっています。少しの塩でいただくと、もう絶品でニンマリしてしまうほどです。
玉ねぎは、トロトロで柔らかく、甘みが凄いです。こちらも少々の塩でいただきます。
エリンギ、玉ねぎ共、これだけのクオリティで一本120円です。超コスパ品です。

ただし、残念なことに2019/5/16のメニュー改定で、串揚げが無くなってしまったのです。もちろん、上記エリンギと玉ねぎもなくなりました。これは本当に残念なことで、鳥メロでの楽しみの一つが剥奪された気分です。このメニュー改定で料理の数がグッと減った気がします。きっと、最近の「働き方改革」の一環なんですかね。でもこの串揚げは残してほしかったなぁ。

3)キャベツ(突き出し)


突き出しとして、強制的に出てきますが、これが地味に美味しいです。なんといっても塩昆布がポイント。いままでキャベツに塩昆布の組み合わせは、私の辞書には無かったのですが、鳥メロに来るようになって全然アリ!なおつまみとして認定致しました。塩昆布の甘辛さ、うま味成分とキャベツの甘みがマッチして、これだけでもビールが進みます。しかもお替り自由なので、お金がない時は、199円の中ジョッキとキャベツを頼み続ければかなり安くあがると思います。

4)焼き鳥


王道の焼き鳥です。私は、鳥メロの焼き鳥が大好きです。ちょっと具が小ぶりで食べやすく、とてもジューシーです。女性にも食べやすいサイズだと思います。
特におすすめは、写真右から3本目のボンジリ。食べた瞬間、ジュワーっと脂が口中に広がります。コリコリ食感がたまりません。写真右から4本目レバ―串は、臭みが無くやわらかジューシーです。ひと昔前の焼き鳥屋でよく出されたカスカスで硬いレバーとは比べものになりません。鳥メロでは、「プルプルだれ」を売りにしているようですが、私はやっぱり焼き鳥は塩でいただくのが好きです。タレはどうしても味が濃い目になりがちなので、焼き鳥本来の味が隠れてしまうためです。やっぱり焼き鳥は、塩ですよね!

4)きびなご


どうですか、この写真をみながら、ビール一杯いけませんか?美味しそうですよね。いや、美味しいんです。外はサクサク、中は柔らかです。全く油っこくなく、サラサラと言った感じです。マヨネーズとの相性抜群です。

5)チーズ春巻き


チーズ春巻きが、また旨いんです。春巻きはパリッパリで、チーズはトロトロです。口の火傷に注意が必要です。チーズの塩辛さが、ビールを進めます。本当に何を食べても美味しいです。

6)フリージングハイボール


ビールに飽きてきた時や、夏の暑ーい日は、これ!フリージングハイボールです。このステンレスグラスで冷たさ倍増です。ビールの麦感が、クドいと感じた時、この柑橘系フリージングハイボールを頼めば、サラサラと飲めてしまいます。手から伝わる冷たさも相まって、それまでの気分を一新できますよ。

7)絶品カニクリームコロッケ

写真が無くてすみません。これは本当に絶品でした。しっかりとカニの味がします。しかも箸で割るとクリームが流れ出てきます。衣も油っこくなく、サクサクです。間違いなく毎回オーダーする一品です。

8)出汁巻玉子

こちらも写真が無くてすみません。こちらの出汁巻玉子は、フワフワの玉子に出汁がこれでもかというくらい入り込んでいて、これが嫌味な味ではなく、しっかりとまとまった味になっており、絶品です。いつも到着した瞬間に、みなさんの箸が玉子に集中し、すぐに無くなってしまいます。

2.メニュー改定(2019/5/16~)

上でも記載しておりますが、鳥メロのメニューが2019/5/16から大幅に改定されています。この改定に関し、私の感じるところを書きます。

  • 串揚げメニューがなくなった
    → これは非常に残念。色々な人のブログを見ていても鳥メロの串揚げファンがとても多い。鳥メロさん、是非復活を検討してください!
  • メニューの数が減った
    → 以前のメニュー数を正確に覚えているわけではないが、確実にメニュー数が減っていると思う。
  • 魚系のメニューが増えた
    → サバの塩焼きや、かつおの山掛けなどが増えたような気がします(もしかしたら昔からあったかも)

さらに、2019年6月から刺身系のメニューが増えると店の中に広告してありました。それはそれで楽しみなのですが、刺身は「xxxx 水産」に任せておいて、本業の串ものを充実させた方がよいではないですかね?きっとお客さんは刺身を期待して来店していないと思いますよ。鳥メロさん!

3.まとめ

ビール199円で注目されがちが鳥メロですが、料理もとても美味しいんです。しかしながら、この値段で、ここまで美味しく仕上げるには相当な企業努力があったのだと思います。当たり前のように500円出して生中を飲んでいた、あの頃にはもう戻れませんね。今日も仕事帰りに、安い値段で美味しいビールと焼き鳥を食べられるのは、企業様のおかげなんですね。どうもありがとうございます。
さぁ、明日はどこの焼き鳥屋にいこうかなぁ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク